リサイクルトナーの魅力

コスト削減には保証の手厚いリサイクルトナー

書類の印刷はどんな企業においても必要とされていることであり、印刷費は年間を通して考えると膨大な金額になっていることも稀ではありません。
ランニングコストを考えた上で重要になるのが比較的高価であるトナーの費用をどれだけ抑えるかという点になります。
トナーも含めた保守点検の契約を企業と結んでしまうことで費用を見えなくしてしまうということも一つの手段ではありますが、確実に効果が上げられるアプローチとしてリサイクルトナーを用いるという方法があります。
これは純正のトナーにインクを充填することによって再利用できるようにしたものであり、トナー本体の費用がかからないことや純正品でないということから安価に手に入れることができます。
そのデメリットとしてよく挙げられるのが色合いの違いで不具合の多さです。
しかし、企業ではグレースケールの文書印刷が主になることが多いため色合いが問題にならない場合も多々あり、そういった場所での活用は大きなメリットとなります。
また、リサイクルトナーが不具合を起こしやすいことはそのメーカー側も熟知しているため保証が充実しているという特徴があります。
そのため、あまりデメリットに不安を持つことなくコスト削減のためにリサイクルトナーを利用することができるようになっています。

純正品に比べてお得な値段が魅力、リサイクルトナー

リサイクルトナーは使用済みのカートリッジを分解、洗浄、修理、部品交換し、純正品と同量のトナーを充填し再生可能にした商品のことです。
リサイクルトナーは純正品の部品を再利用し、汎用のトナーを充填することで、研究開発費がほとんどかからず、また、複数の企業が製造を行うことで競争が生まれ、原価に対して適正な価格で購入することができます。
そのため、純正品に比べて圧倒的な低価格で利用することができます。
また、リサイクル品の利用ですので、メーカーによっては純正品メーカーよりも手厚い保証を付けているところや、カートリッジの無料回収リサービスなどを行っているところもあります。
繰り返し再生利用することが可能ですので、地球環境に優しいのも魅力の一つになります。
リサイクルトナーのデメリットとしては、初期不良が2~3%の割合で起こることがある点と、純正品のトナーとほぼ同等のトナーを充填していますが、成分や部材などが全く同じではないために、多少色味に違いがある場合もある点です。
そのため、初期不良に備えて何本かトナーを用意しておくことや、広告や制作などの場面で純正品と全く同じ色味を求められる場合、純正品の利用をおすすめします。

pickup

高く買います。きれいに片付け!

リサイクルショップ 杉並区

振袖各種、レンタルのご用意があります。

振袖 レンタル

貸したい方も無料で査定・掲載致します。

神奈川 貸倉庫

Last update:2017/10/27