リサイクルトナーの品質

品質アップでリサイクルトナーがさらに活躍

リサイクルトナーは、使用済みのトナーを回収し、分解・洗浄処理後にトナーを再充填し、再利用可能にしたトナーです。
再生品よりも低価格で購入でき、新品よりも充実した保証がついているのが特徴です。
不具合が数パーセントの割合で発生するというデータがあるため、それに対処するために、各業者では保証範囲をトナー本体はもちろん、プリンターにも拡大しています。
品質向上のための取り組みが進められ、純正品にも劣らない印字の質の向上、不良品やトラブルの発生率の低下が実現しているので、安心して活用できます。
企業の環境に対する意識の高まりから、導入企業も増え、リサイクルトナーを取り扱う業者やサービスの種類が豊富になっています。
より高品質のサービスを選ぶためには、ISOを取得しているなど、品質管理プロセスがしっかり構築されているか、トナーの不具合への保証や対応の内容、評判はどうかなど、コスト以外の観点からも業者を比較するのが有効です。

気になるリサイクルトナーの品質

トナーとはレーザープリンターや複写機で使われるインクのことです。
カラーの場合は通常シアン、マゼンダ、黄色、黒の4色を用意されます。
純正のトナーはメーカー保証がついていて安心、不具合率も低めですが価格が高いことが気になります。
リサイクルトナーとは、使い終わった空のトナーカートリッジを回収し、汎用トナーを入れて再利用可能にして販売しているトナーのことです。
リサイクルトナーは純正品に比べて圧倒的に安い価格で購入でき、純正のトナーに比べて不具合率は上がります。
品質は最近では劇的な向上が見られており、環境にも優しく経済的。
リサイクルトナーでも保障のついているものもあり口コミで人気を呼んでいます。
印刷枚数も純正品と同等に印刷できます。
トナーの種類もたくさんそろえてあり初心者の人でも簡単に見つけられるようになっているので手軽に購入の可能です。
使用後は使用済みのトナーを無料で回収してくれるシステムもあるようです。

Valuable information

自社ローン
http://3292.jp/

Last update:2016/5/31